Photoshop

5ステップ!photoshopで水彩画をスキャンして切り抜く方法


みなさんこんにちは、mayukouです。
先日、仕事で水彩画イラストを描きました。水彩画は、少しずつ練習しているのですが、額縁に飾ることはあっても
デジタルで扱うことがあまりありませんでした。
私が作っている素材集では、水彩画を配布したことがあるのですが、
このときにネックになるのが、どんな背景に配置してもいいように
綺麗に背景なしにスキャンする方法です。
背景を透過させたいのですが、うまく切り抜くのが大変だったりします。
今回はその方法をご紹介します。
※web素材として使う時など解像度がそこまで必要ない場合は、デジカメやスマートフォンなどで撮るという方法もあります。こちらが手頃な場合もあります。

スポンサードリンク

1.描いた水彩画をスキャンにセットする。

スキャンにスキャンしたい紙をセットしましょう。その際、水彩画を描いたスケッチブックがスキャンの読み取り画面より大きい場合は、
少し浮いてしまいますので、
上から重たいものを重しとしておいておくといいでしょう。

見苦しくて恐縮ですが、ダンベルなどの重しを置くと少し違います。ただ、スキャンが終わったら速やかに外しましょう。

但し、重しを置いても浮いてしまう場合があります。
浮いてしまうと、画像がぼやけてしまうので
できるだけ、スキャン画面に収まるサイズの紙に描くのがベターです。

2.Photoshopもしくはスキャンニングソフトで読み込む

私はmacを使用していますが、
macに付属しているイメージキャプチャというソフトを使用しています。設定としては以下の通りです。
画像調整:写真
ごみ傷低減:OFF
褐色補正:OFF
粒状感低減:OFF
閉じ部の影補正:OFF

全てOFFの設定でOKです。

予備スキャンで全体をスキャンした後、スキャンしたい部分だけ選択してスキャンボタンを押しましょう。

3.スキャンした画像をphotoshopで開く

紙の材質が出てしまう場合は、レベル補正をして、ザラザラしている灰色部分を明るくしていきます。

4.オブジェクトを選択する

クイック選択ツールで背景(白い部分)を選択して選択範囲を反転させるか、
自由選択ツールでフリーハンドで選択していきます。

5.コピーして新規ドキュメントにペーストする


新規ドキュメントに素材をペーストしたら、
消しゴムツールで周りの白色を消していきましょう。地道な作業です。

背景とオブジェクトとの境界線がはっきりしていれば、自動選択ツールで背景を選択し、deleteで消して背景を消すことも可能です。

お好みの解像度で保存し直して、完成です。

最後に

いかがでしたか?水彩画の切り抜き方法をご紹介しました。
ぜひ参考にされてください。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukou
Webデザイナー修行中のmayukouです。webデザインのお仕事を始めてなんとか約6年が経ちました。とにかく技術を高めようと思っています。仕事で得た知識やお役立ち情報をご紹介いたします。宜しくお願いします。水彩画を勉強中です。趣味は音楽鑑賞(洋楽)、料理、読書、ブログです。
詳しくはこちら

Twitterをフォローしていただくと、最新情報を見逃しません♫

関連記事

  1. Illustrator

    ロゴやイラストに!Illustratorでかすれ表現をする方法!

    みなさんこんにちは、mayukouです。当ブログでよく読まれている記…

  2. Tutorial

    ワイヤーフレームがプロ仕様に!素敵なグラフィックスタイル「WireMagic」

    みなさんこんにちは、mayukou です!目薬が欠かせない今日…

  3. Photoshop

    Photoshopでかすれたスタンプ風表現をする方法 その2

    みなさんこんにちは、mayukouです。今回は、うちのブログでも人気の…

  4. Photoshop

    あっという間に!Photoshopのブラシで写真を手描き風にする方法

    みなさんこんにちは、mayukouです。今回は、Photoshop…

  5. jQuery

    簡単設置で見やすい!レスポンシブ対応メニューslicknavの使用方法

    みなさんこんにちは、mayukouです。さて、4月21日から、goo…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


メルマガを購読する

Web Design Cafeの メルマガを購読する

更新情報や、お知らせ、お得情報をゆる〜く配信(月1程度)。


最近の記事

instagramもやっています

facebook更新中!

スポンサー

こんなサイトも作ってます。

  1. マーケティング

    コンテンツマーケティングにおける有益な記事とは?ブログ運営3年目の私の最適解
  2. お知らせ

    レバテック様よりphotoshopプラグインの記事が紹介されました
  3. wordpress

    wordpressが重たい!そんな困った時に便利なプラグイン
  4. Web Design

    作るごとに成長しよう!キュレーションメディアを作るときに気をつけること。
  5. Web Design

    【有料記事】スキルアップしよう。デザイン力が育つ方法とは。
PAGE TOP