Illustrator

スキャンした画像をIllustratorでベクターにする方法2 (追記)


みなさんこんにちは、mayukouです。
今日は福岡ではめずらしく雨が降っています。

さて、今回はスキャンした画像をベクターにする方法
補足の記事を書きたいと思います。
実はこの記事でお伝えした方法とは別の、もっと的確にベクターの線に
する方法があったんです。

スポンサードリンク

1.Illustratorを開きスキャンした画像を配置します

40-scan

この時、鉛筆など少々線が薄くても線以外のキャンバスの部分が比較的白ければ
問題ありません。この場合うっすら下の絵が写っていますが気にしないでOK。

2.「画像トレース」ボタンをクリックします

41-scan

上部のバーに出る「画像トレース」ボタンをクリックしましょう。

42-scan

すると、イラストがかなりカットされた状態で抽出されました。
これを、次の段階でコントロールしていきます。

3.コントロールパネルのボタンをクリックします

43-scan

コントロールパネルの赤く囲んだボタンをクリックします。

45-scan

調整パレットが出てきますので、
しきい値のバーを右に動かして調節しましょう。
このとき丁度いい線の太さになったら、そこで止めます。

プリセットは、「デフォルト」のままでOKですが、自分の好みで変えてもらって構いません。

46-scan

色をつけたり変更したい場合は、「拡張ボタン」を押して線をパス化します。

47-scan

48-scan

最後に

いかがでしたか?
今までベクター化には以前の記事の通り「シルエット」を選んでいましたが、
デフォルトを選んだほうが線が細かく抽出できることがわかりました。
みなさんもぜひ試してみてください。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukou
Webデザイナー修行中のmayukouです。webデザインのお仕事を始めてなんとか約5年が経ちました。とにかく技術を高めようと思っています。仕事で得た知識やお役立ち情報をご紹介いたします。宜しくお願いします。水彩画を勉強中です。趣味は音楽鑑賞(洋楽)、料理、読書、ブログです。
詳しくはこちら

Twitterをフォローしていただくと、最新情報を見逃しません♫

関連記事

  1. Illustrator

    メリハリがつく!Illustratorでドロップキャップを作る方法

    みなさんこんにちは、mayukouです。先日、雑誌広告のデザインを担…

  2. Illustrator

    簡単!Illustratorで写真の淵をぼかす方法

    みなさんこんにちは、mayukouです。まだまだ梅雨の時期ですが、…

  3. Illustrator

    助かった!Illustratorが重たい時の対処方法

    みなさんこんにちは、mayukouです。仕事などでIllustra…

  4. Web Design

    今後のデザインのトレンドとして注目!コンテンツファーストのサイトをまとめてみた

    みなさんこんにちは、mayukouです。ウェブデザインのトレンドであ…

  5. illustration

    photoshopでモコモコの線を描くには?

    こんにちは。mayukouです。今回は、photoshopでモ…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 石北洋一
    • 2017年 11月 17日

    Adobeのベクター化ソフトウェアを調べましたら、ここにたどり着きました。
    素晴らしいの一言です。

  1. mayukou
    • mayukou
    • 2017年 11月 26日

    >石北洋一さま

    こんにちは、mayukouです。
    ブログを見ていただきありがとうございます!
    また嬉しいお言葉ありがとうございます♩励みになります。
    またお役に立てる記事を書けるよう頑張ります。

CAPTCHA


最近の記事

instagramもやっています

facebook更新中!

スポンサー

こんなサイトも作ってます。

  1. Web Design

    カフェのサイトをwordpressでリニューアル制作しました。その時の覚書
  2. Web Design

    グーペは、デザイン費をかけられない、個人お店経営者、作家、アーティストにおすすめ…
  3. Illustrator

    簡単!Illustratorで写真の淵をぼかす方法
  4. グッズ

    アナログ手法も極めたい!私が使っている水彩画道具のご紹介
  5. マーケティング

    コンテンツマーケティングにおける有益な記事とは?ブログ運営3年目の私の最適解
PAGE TOP